世界青年の日

アイキャッチ用 手に手を重ねて

来年、2022年8月に開催予定であった「世界青年の日(ワールドユースデー)・リスボン大会」は、2023年8月に延期されました。少し残念ではありますが、今年も11月21日は、「世界青年の日」として、教会の若者たちに焦点をあてます。

世界青年の日は、若者たちを教会活動への参加を促し、その経験をとおして教会の活性化につなげ、若者たちを主役とすることで、地方教会の豊かさを示す機会とするように招くものです。

確かに教会の活性化には、若者は不可欠です。しかしコロナ禍にあって、教会に来る若者が減っているように思います。ですから、私たち大人は、まず若者が教会に戻れるように考え、配慮しなければならないでしょう。それから若者たちと共に、教会がどうすれば活性化できるかを考え、あるときは彼らを中心にして進めていく必要があるでしょう。

鷺沼教会でも若者たちがやってみたいことがあれば、私は可能な限り、応援し協力していくつもりですので、皆さんも教会の将来のために彼らと共に歩んでいきましょう。

主任司祭 西本裕二

 

 


おすすめ記事